消費税還付を受けられないケースにはどのようなものがあるか?

 

写真はイメージです。


2020年5月7日

 

Question:

 

消費税の還付を受けられないことがあるとすれば、どのような場合ですか? また、その場合の補償的なことはあるのでしょうか?

 

Answer:

 

消費税の還付を受けられない場合は、次の3つが考えられます。

 

1. お客様からの情報不足による場合

 → 原則的には補償されませんが 当事務所に落ち度があれば、 当事務所が最終手残り予定金の30%を補償します。

 

2. 当事務所の手おちや失敗により還付が 受けられない、又は減ってしまう場合

 → 最終手残り予定金額の30%を 補償します。

 

3. 税務調査になり、見解の相違により還付がされない、又は減ってしまう場合

 → 成功報酬の場合は補償がありませんが、手残り金額保証の契約の場合は、 手残り予定金額を全額保証します。

 

ぜひ、富裕層中心の税理士法人 とりやま財産経営にご相談ください。